Home / ニュースと活動 / 「日本九州大学ベトナム同窓会」設立会議

「日本九州大学ベトナム同窓会」設立会議

日本の九州大学で学んだり研究したりした多くの留学生をつなぐことを目的に、連絡委員会の接触する過程により集められた元留学生の大多数の希望によると、2020年9月11日にハノイ市において「日本九州大学ベトナム同窓会」(VAKA)設立会議が厳粛に開催されました。

HoangVanNhan氏が会議で開会のあいさつしていました

会議に直接出席したのは、ハノイの九州大学駐在員事務所長、ベトナム同窓会(VAJA)副会長、ベトナム元 福岡 留学生会(VAFA)会長のホアン・ヴァン・ニャン氏、 VAJA の副会長兼書記長のファン ・チュン・ ギア氏、VAJAのコミュニケーション 部門 の副担当のグエン・ スアン ・フオン氏、福岡ベトナム同窓会副会長の ル・ ディン  ・ ヴィン氏およびハノイ市に住み、国家的な管理機関や企業に働いている 九州 大学 の同窓生の20人以上でした。

この会議は、全国に九州大学の同窓生の願望を結びつけ、理解するために、九州大学の多くの同窓生のために働いた長いプロセスの結果でおり、同時に、以下の基本的な目的のため学校のベトナム人同窓生を集めるクラブを設立する際の教育委員会の方針に応じるために学校の元教師と連絡を取り合うプロセスでした。仕事、勉強、生活に互いに助け合うために、九州大学の元留学生間の交流と連絡を維持する。九州大学とベトナム大学との間の友情交流、研修、科学研究、技術移転活動の支援に参加する。留学を促進、ベトナムでの福岡文化デーの開催など、九州大学、福岡の大学、ベトナムの福岡県留学生支援機構(FiSSC)活動の支援に参加する。ベトナムにおいて活動している福岡の企業や組織と良好な関係を維持し、協力する用意があり、ベトナムと日本の友好関係の発展に貢献するように他の友好的な文化活動を実施する。

この会議は、 新型コロナウイルス の流行防止の要請により、長い遅延の後、連絡委員 会 と九州大学によって積極的に開催するために調整されていました。会議には、国際 協力担当副学長の緒方和夫教授博士、国際協力部の小幡百合子さま、教師、学校で勉強している何人かの留学生もオンラインで出席し、目撃し、会議の成功を祝ってくれました。

組織委員会を代表して、元九州大学の留学生であり、ベトナムの九州大学の駐在員事務所長であるホアン・ヴァン・ニャン氏は、九州大学の元留学生クラブの設立に九州大学の多くの元留学生の関心を強調し、このイベントに対する学校教育委員会の注意と助けにお礼申し上げました。

LeDinhVinh氏が会議の議長を務めていました

組織委員会は、国内の九州大学の120人以上の元留学生の間で協議法によって作成された20人からなる連絡委員会のメンバーのリストを厳粛に会議に紹介しました。VIETTHINK 法律事務所 のディレクターのル・ ディン  ・ ヴィン博士が、九州大学のベトナム  同窓 会 クラブの会長に選出されました。ハノイ工科大学 の タ・カオ・ミン准教授・博士 および 水利 大学のブイ・クオック・ラップ准教授・博士がクラブの副 会長に選出 され ました。連絡委員会はまた、クラブのコミュニケーション、財務、および外交小委員会を担当するメンバーを割り当てました。ハノイ市に住み、働いている会長と副会長に加えて、連絡委員会はまた、フエ市、ダナン市、ホーチミン市、ハイフォン市に地域の代表を置き, 農業大学、カントー大学などのいくつかのユニットおよび他のいくつかの キャリア分野にも置いていま。労働条件のため、会議に直接出席しなかった多くのメンバーは、会議にお祝いの言葉を送り、クラブの目標と意味を達成するためにクラブ活動の規則とプログラムを適切に実施する決意を約束しました。

VAKA実行委員会の代表がオンラインカメラの前でデビューし、九州大学に生放送されていました

会議の参加者は、九州大学の久保千春校長、緒方和夫副学長、小畑百合子先生からのオンラインスピーチを聞いてとても興奮しました。先生たちは、また元学生に会う喜びを表明し、会議への成功を祝って くれ、代表者とすべての留学生の健康と成功を 願って いました。

いくつかの日本の大学でのいくつかのベトナムの同窓会クラブの成立と活動と同様に、九州大学のベトナムの同窓会クラブも、それ自体を ベトナム元日本留学生協会 (VAJA) の会員であり、教育訓練を受けた職業に応じて特定の活動をし、VAJAの目標と原則を果たしているために共同活動を行います。

緒方和夫副校長と小畑百合子先生がオンラインで会議に話しかけていました

会議で講演するベトナム元日本留学生協会を代表して、ファン・チュン・ギア准教授・博士は、連帯の強化、教育訓練を受けた職業の開発の機会の創出とベトナムと日本の友情の強化に貢献する目的として関係の開発における日本の留学生コミュニティの関心を認めることに喜びを表明しました。学校の留学生クラブの活動は、VAJAの活動内容をさらに充実させ、VAJAの全体的な成功に貢献します。

PhanTrungNghia氏とNguyenXuan Phuong氏が会議に話し、VAKAを祝ってくれました

会議は、九州大学の元留学生のコミュニティが職業の開発でますます成功を収め、連帯交流の強化し、ベトナムと日本との友情の強化に貢献するために努力するために手を組むという参加者の興奮と信念を持って締めくくられました。

VAJA

「日本九州大学ベトナム同窓会」設立会議
4.5 (90%) 2 votes

Check Also

20年間における友情と発展のためのASJA

ASJA組織が20歳(2000 …