Home / ニュースと活動 / VAJA実行委員会の代表団はカントー大学において訪問と作業をしました

VAJA実行委員会の代表団はカントー大学において訪問と作業をしました

カントー大学の副校長であるVAJAの副会長であるル・ベト・ズン准教授・博士の招待を頂いて、2020年7月6日から8日に、VAJAの会長であるゴ・ミン・トゥイ准教授・博士が導くVAJA実行委員会の代表団は、カントー市におけるカントー大学において訪問と作業をしました。代表団に参加したのは、ホアンヴァンナン副会長とVAJA実行委員会の9名のメンバーでした。

カントー大学の運営エリアのロビーにいる2つの代表団

今回の旅は、実行委員会と実行委員会のメンバーの作業施設との間の見学、交流の活動の組織に関する2020年12月1日の第7回実行委員会の第1回会議の決議の内容を実施するためのVAJA実行委員会の活動である。これはまた、全国的な新型コロナウイルス流行防止のための隔離要件の実施期間後の実行委員会メンバーの最初の会議でもあります。

学校との会合で

代表団は、学校の管理委員会、カントー大学アップグレードのプロジェクト管理委員会(日本の円借款プロジェクト)の代表、開発協力部および外国語学部のリーダーとの公式のワーキングセッションを行いました。代表団はまた、ル・ベト・ズン准教授・博士が大学の歴史と活動について詳細に紹介を聞き、明仁天皇がまだ日本の皇太子であったときに出版した研究論文に関する有名なハゼが展示されている展示ホールを訪問しました。その論文は明仁天皇から委託された駐ベトナム坂場三男日本国大使さまがカントー大学に寄贈されました。

ゴ・ミン・トゥイ会長が、日本国王子の科学論文に関するシロハゼの模型を展示 しているテーブルの隣に立つ
カントー大学への天皇の論文を寄贈の言葉

長い歴史を持つ大規模な大学として、中央政府直下の都市と南西部地域の核心都市や、メコンデルタでの最も近代的で発展した都市に位置し、カントー大学は現在、特色の組織と活動を行っており、南西部地域の高等教育のキャリアにおいて主導的な役割を果たしています。現在、毎年の学生数は39の学部と学問分野で学び、働く5万人近くの学生です。現在の役員・講師スタッフは1828名で、そのうち1090名が教育・研究活動に直接携わっており、教授・准教授の割合は14.2%です。過去の3年間で、毎年約9500人の学生が卒業しています。大学は、カントー市の3つのキャンパスと他の州の3つのキャンパスを含む6 つのキャンパスを備えた非常に強力な施設システムを備えていま す。特に、直接指定された日本の円借款からの資金で、大学はカントー市の2月3日道路のゾーンXキャンパスでカントー大学アップグレードのプロジェクトを管理と展開をするよう割り当てられています。ファム・ミン・ ヅック准教授・博士が率いる管理 委員 会が非常に 高い 決 意に よって、大学のトレーニングと研究の能力を強化させる ように2021年にプロジェクトを完了させることを目指しています。

昭和45年代における明仁天皇の研究論文に関連するカントー川でのシロハゼの模型

ル・ベト・ズン准教授・博士およびVAJA代表団と協力している役員によると、大学が関心を持ち、外部の高等教育機関や大学からの支援を求めている分野の1つは、外国語学部における日本語の教員および研究者のスタッフを強化することである。この支援はさまざまな形で提供されることができ、その結果、日本語のトレーニング能力が向上するだけでなく、 日本での一部の大学や機関とのカントー大学の既存の関係が強化 と拡大にも役立ちます。

ル・ベト・ズン准教授・博士とJICA賞

会議において、ゴ・ミン・トゥイ会長は、代表団を代表して、カントー大学の代表に VAJAの代表団がカントー大学を訪問と作業をする初めての喜びを表明し、カントー大学での日本語のトレーニングと研究を強化することだけでなく、大学の関心している一部の分野もおける、大学と調整するためのいくつかの可能な解決策を提案しました。さらに、代表団のメンバーと大学のスタッフは、仕事と共通の関心の分野で議論と問い合わせをしました。

ゴ・ミン・トゥイ会長が大学の代表に記念品を贈る
ゴ・ミン・トゥイ会長が外国語部の代表に記念品を贈る.

また、この機会に、VAJAの代表団は、ドンタップ省におけるグエン・シン・サック準学士さまの記念館、OC EO文化遺物、BA CHUA XU寺院、ティエン・ホー・ ヴォ・ ズィ ・ ズオン 将軍を崇拝する寺院 などの南西部地域の一部の史跡を訪問し、 ベン チェ州 と ティエンザン州でのティエン川とハウ川沿いのいくつかの住宅地区での生活 につ いて詳しく学びました。

VAJA実行委員会の代表団がグエン・シン・サック準学士さまの記念館を訪問
VAJA実行委員会の代表団がティエン・ホー・ ヴォ・ ズィ ・ ズオン 将軍を崇拝する寺院 を訪問
ドン・タップ・ムオイでの蓮の澤を訪問
代表団がティエンザン州に通り過ぎるティエン川のフン島を訪問

3日間におけるのVAJA代表団の南西部地域の文化的ランドマークおよび史跡を見学に伴うカントー大学での訪問と作業の旅行は予想以上に成功し、この旅行は、2019年~2024年任期のVAJAの効果的な活動を強化するための第7回議会の決議に従って、VAJAの活動の革新に良いスタートに貢献しました。

VAJA実行委員会の代表団はカントー大学において訪問と作業をしました
5 (100%) 1 vote

Check Also

20年間における友情と発展のためのASJA

ASJA組織が20歳(2000 …