Home / 奨学金・交流プログラム / MEXT- ASCOJA国費奨学金 / 観光活動を通じて友好関係を強化し、文化 ~ 歴史的遺産を保護する

観光活動を通じて友好関係を強化し、文化 ~ 歴史的遺産を保護する

カンボジア王国のシェムリアップ市で、20181019日から21日にかけて、日本外務省の主催を得て、元日本留学生協会のアセアン評議会の第24回年次総会(ASCOJA 24)とアジア元日本留学生協会主催(ASJA)第13 ASJAASCOJAシンポジウムが 2つの緊密に関連したイベントとして開催されました。ベトナム元日本留学生協会は、シンポジウムと総会の内容の全部に出席する代表団を派遣しました。

ASCOJA 24の代表団

これは、日本との65年間の外交関係樹立やASCOJA41年間の設立以来、奇妙な王国と呼ばれる偉い文化的特色の長い歴史を持つ美しい国のカンボジアで開催された最初のASCOJA年次会議です。

13ASJA-ASCOJAシンポジウム「ASEAN-日本との歴史的遺産保護協力」とASCOJA 24「観光を通じてASCOJA関係を強化する」シンポジウムのテーマは、密接に関連した2つのテーマです。この会議とシンポジウムを開催する活動は、ASCOJAと日本の指導者が文化や歴史遺産を保護することと観光活動に特別的に関心することを示しています。それが今日のようなフラットな世界でのASEANと日本との理解と連帯を強化することを目的とした効果的な活動です。

日本政府とカンボジア政府の代表

諸会長

ASCOJA 24 の半日前と会議後に開催された「ASEAN-日本との歴史的遺産保護協力」 のテーマの ASJA-ASCOJA シンポジウムは、組織や個人の 科学者や管理者の関心 だけでなく11世紀からカンボジア で建てられた寺院 や塔のシステムに特有のものである 歴史的遺産の保存を行う方法を示していた重要なプレゼンテーションと共に開催された。その寺院や塔のシステムは、長い時間前以来、時間の経過とともに摩耗や人間の虐待からの裂傷などの多くの原因で傷ついたり損傷を受ける危険性があります。このトピックでは、ソフィア大学の石澤義昭博士による120分のプレゼンテーションは、カンボジアにおけるアンコール遺産制度の保存と修復に関する研究と実践に対する彼と従業員の長期にわたる献身によって、代表団に感動を与えました。

評議会でのJAV代表団

シンポジウムの第2部は、会議の後にAPSARAAngkor地域の現場と管理の保護のための協会)のディレクターであるLy Vanna博士によるプレゼンテーションを行い、

プレゼンテーションでは、1995年のAPSARA組織の発足以来、そしてユネスコ、日本政府、カンボジア政府の間の5カ年計画(2017-2022年)の実施にアンコールの建物の 管理、修 復、保全の協力が 強調され ました。さらに、東南アジア諸国からの豊かな 内容の プレゼンテーションでは、彼らの国の文化遺産や歴史的遺産を保護するための多くの課題が共有されていました。そして、いくつかのアイデアや実施方法は、代表団の大きな関心を集めていました そのは「カンボジアの文化的・歴史的 遺産の保全と修復は、 カンボジア人のために実行し、カンボジア人自身以て実行されなければならない」、「有形だけでなく無形遺産、過去だけでなく自然環境や生活様式などの現在の保護も保護する必要があります」、「3D 技術を利用したデータ収集システムによる保存の実現」。 ベトナム日本学友協会代表団が、ベトナム国家政府観光局の観光マーケティング部副部長であるVu Nam博士による「文化遺産遺産観光促進のためのASEAN協力」に関する プレゼンテーションでは、参加しました。

評議会で発表するヴ・ナン様

ASCOJA 24の公式会合は1020日の朝に開催されました。安倍晋三首相、 福田康夫前首相は深刻な懸念を抱き、ASCOJA 24に重要なメッセージを伝えるお祝いを しました。 おマッサージでも、ASCOJAコミュニティの強力な成長やASCOJAメンバーが 果たした心のこもった交流の役割が非常に重要なASEANと日本関係に対する深い懸念が強調されました。日本国衆議院議員田中和則さま、カンボジア教育青少年大臣代表のLav Chiv Eavさまが会議で重要な演説を行いました。

会議では、多くの時間が費やされましたのは、 カンボジア元観光省のIn Thoeunさまの プレゼンテーションに、「カンボジアの観光開発と地域観光協力」についてやAPSARAの副所長のSok Sangvarさまが「Angkorの観光管理」でした。

評議会で諸会長の相談

評議会相談で発表するゴ・ミン・ティ会長

プレゼンテーションでは、カンボジアの観光管理とアンコール遺跡の管理と保全が、カンボジア政府、ユネスコ、日本国政府から特に注目され、科学的かつ効果的に実施されていることが示されていました。プレゼンテーションの後、東南アジア諸国同窓会の会長は、「観光を通じてASCOJAの成長を促進する」のセミナーに出席しました。議論では、代表団の活気で多くの意見や有用なイニシアチブで行われました。

24ASCOJA総会では、重要なセクションも開催され、そのは、環境大臣セイ・サマルさまの栄誉ある存在であるの ともに Banteay Kdei 寺院前のASCOJA公園での植樹し、 アンコールワット、アンコールトム、バイヨン寺院への遺産ツアーでした。そのは、会議とシンポジウムで議論された問題の実用性に貢献する活動であり、代表団にカンボジア国の貴重な歴史的・文化的遺産を紹介するものです。

宴会の諸会長と日本大使

カンボジアに日本大使の宴会での我が団

総括会の演奏

シンポジウムと会議のセッションに加えて、ASCOJAの同窓会の指導者たちは2つのセッションを開いて、今後の課題や活動について話し合った。さらに、歓迎会とカンボジアでの大使の受付宴会で、多くの交流活動が行われました。閉会式はのガラディナーで、ASCOJA旗とASCOJA回転主席職 をラオスに引き渡す式でした。このように、201810月から 201910月まで、ラオスの元日本同窓会がASCOJA会長の役割を担い、ASCOJA 25会議を 開催する予定です。ガラディナーでは、出席者がホスト国や同窓会の多くの文化的なパフォーマンスも楽しんだ。 JAVの代表団は合唱曲「グリーン・ブルー・カナル」と 「円筒ドラム」を演奏した。

カンボジアの4日間の活動的なプログラムは、活発で効果的であり、ASCOJA会員協会の実際の接続に大きな意味が含み、そして人々に歴史的および文化的遺産を保護する意識を固めます。さらに、文化的観光活動を通してASCOJAメンバーとASCOJA-日本との理解と 連帯の強化する意識を固めます。それによって、ASCOJAメンバーの活動を もっと 豊かにあります。ベトナム元日本留学生協会の代表団は、ASJAASCOJA、カンボジアの多くの忘れがたい印象と思い出でベトナムに戻ってきました。美しいラオスで開催されるASCOJA 25会議で再びお会いしましょう。

Banteay Srei寺をお参り

Banteay Srei寺をお参り

 

ASCOJA  元日本留学生協会のアセアン評議会ASEAN Council of Japan Alumni Association

ASJA アジア元日本留学生協会 Asia Japan Alumni

観光活動を通じて友好関係を強化し、文化 ~ 歴史的遺産を保護する
3.5 (70%) 2 votes

Check Also

VAJA実行委員会の代表団はカントー大学において訪問と作業をしました

カントー大学の副校長であるVA …